transblog

~教養や趣味についてのブログ~

心理学 自己啓発

値段が高くても、交渉成立? 高単価でも入店させる方法 ~キャッチのコツ上級編~

投稿日:

キャッチのコツ

 

こんにちは、trans(トランス)です。

今回は、ご好評につき、「値段が高くても、交渉成立? 高単価でも入店させる方法 ~キャッチのコツ上級編~」というテーマで記事を書いていこうと思います。まだ、キャッチのコツ初級編を読んでない方は、まず、こちらの記事をご覧下さい「キャッチ初心者が成功するためのコツ ~客引き王に俺はなる~」

 

キャッチのコツを掴んで、入店してもらえるようになったけど、交渉が上手く行かず、客単価が中々上がらないという方には、是非読んでいただきたい記事になっています。特に、歩合制の方は、いくら入店していただいても、安い値段で交渉したことで、結果的に得られる給料は低いという残念なことになるケースが多いと思います。客単価を上げて効率的なキャッチをしたいという方にも、是非読んでいただきたいです。

私もキャッチのコツを掴み、入店してもらえるようになった後にぶつかった次の壁でした。これは私のキャッチ生活の中で永遠の課題となりました。完全にできるようになったわけではありませんが、客単価を上げるうえで重要なことは、「ファンを作る」「本当に良い物を売る」という2つのことが重要であると感じました。今回は、この2つのキーワードから解説していこうと思います。

 

それでは行きましょう!

 

 

1、ファンを作る

ファンを作る

 

まず、ファンを作るについてです。

皆さんは、好きなスポーツチームやアイドルはいますか?

私は、プロ野球チームの北海道日本ハムファイターズが好きです。ダルビッシュ有選手のことが好きで応援したことがスタートでした。最初は何となく応援していましたが、大味な野球ではなく、しっかりと小技を使った日本らしい野球で勝っていくファイターズの虜(とりこ)になりました。そして、ダルビッシュ有選手だけでなくチーム全体を応援するようになりました。

しかし、2023年4月27日現在、北海道日本ハムファイターズは、残念ながら最下位です、、、。それでもファイターズを嫌いにならずに応援しています。

なぜでしょうか?

それは、私が日本ハムファイターズのファンだからです。

 

何となく何を伝えたいか分かってきたと思います。要するに、お客様にあなた自身のファンになって貰うのです。

「こいつは何を言っているんだ?」と思った方もいるかもしれません。しかし、これは重要で、かなり難しいことです。前回の「キャッチ初心者が成功するためのコツ ~客引き王に俺はなる~」で説明した「付加価値を付ける」というのは、お店自体に付加価値を付けるという意味ですが、今回は自分自身に付加価値を付けるという意味です。

自分自身に付加価値を付けれるようになれば、就職活動も有利に進められるようになりますし、プロスポーツ選手や芸能人,アイドルと言った人達と同じお金の稼ぎ方になります。凄くないですか(笑)?

 

では、どうすればファンを作ることができるでしょうか?

具体的な方法を2つ紹介します。他にもあると思いますが、まあ思いでしたら書き足していきます。

 

 

1-1、初見のお客様を大切にする

ファンを作るための1つ目の方法は、初見のお客様を大切にすることです。

 

キャッチに連れられ入店したお店がとてもサービスが良い優良店だったら、どうでしょうか?

当たり前ですが、「また来たい」と思うと思います。同時に、「このお店を教えてくれて、ありがとう」とキャッチの人に感謝するはずです。もう、ファンになり始めていますね。

 

最初は、少し単価を低くしてでも初見のお客様を入れるようにしましょう。最初の印象が非常に大切です。

まずは、次に繋げることを目的に、初見のお客様を大切にして、自分のファンとしましょう。「高単価でも入店させる方法は?」と思ったそこのあなた、流石です(笑)。次の項目で出てくるので、安心してください。

 

 

1-2、常連客を大切にする

ファンを作るための2つ目の方法は、常連客を大切にするです。

 

1つ目の方法を実践して、初見のお客様を大切して、次に繋げられたら、しばらくそれを繰り返しましょう。そうすると、そのお客様は常連客になります。

もう、キャッチ以外の内容でのコミュニケーションも取れるようなレベルになってくると思います。あとは、来店していただく度に、「いつもありがとうございます」と一声かけましょう。それだけで、あなたの印象は更に上がります。

 

このときに重要になってくるのが価格設定です。状況を見て設定しましょう。

値段は生き物です。需要と供給のバランスによって決まります(下図のイメージです)。

 

需要と供給

 

同然ですが、価格が高いほど、お客様の数(顧客数)が減り、価格が安いほど、お客様の数が増えます(上図:需要曲線)。

逆に、価格が低いほど、その価格で入店させたいキャッチの数(店舗数)が減り、価格が高いほど、その価格で入店させたいキャッチの数(店舗数)が増えます(上図:供給曲線)。

この両者の意思が一致するのが、交渉が成立した価格(上図:均衡価格)になるわけです。

 

つまり、店内が混んでいるほど交渉価格を強気に出して、店内が空いているほど交渉価格を弱気に出して行きましょう。これは経験を積まないと身に付けられない部分でもあります。

もちろん、単なる今の店内状況だけでなく、曜日(平日 or 週末,祝日),時間(外を歩いている人数),天気(晴れ,雨,雪),季節(夏,冬)など考慮しなければいけない事項が多々あります。こちらについて説明すると1つ記事が書けてしまうので、今回の記事が好評であれば、こちらについても書いてみようと思います。

 

今説明したのは、通常の場合です。常連客の場合は、この均衡価格を上げることができます

なぜ、でしょうか?

もう分かりますね。あなたのファンだからです。あなたが紹介するお店に魅力を感じているからです。正直、このレベルになれば価格はあまり気にしていません。ここまで来れば、余程のことがなければ、お客様が離れていくことはありません。

 

お客様を大切にして、あなた自身に付加価値を付けて、ファンを作っていきましょう。

 

 

 

2、本当に良い良い物を売る

本当に良い物を売る

 

2つ目は、本当に良い物を売るです。

これは理論的な面と精神的な面で効果があると考えています。

 

まず、理論的な面での効果を説明します。

「ファンを作る」の「初見のお客様を大切にする」の項目で触れましたが、とてもサービスが良い優良店であることが重要です。いくらキャッチの腕があっても、そのお店のレベルが低いと中々、客単価を上げることができません

それは、「初見のお客様が悪い印象を持つ→二度と来なくなる→入店するお客様の数が減る→客数を稼ぐために値段を下げる」という悪循環を起こすからです。逆に、「初見のお客様が良い印象を持つ→また、来店する→入店するお客様の数が増える→交渉価格を強気に出すことができる」という好循環を起こせれば、高単価にすることができます

 

私が、客として体験した最悪のキャッチの例を紹介しましょう。

終末の夕方に、新宿の某焼き鳥チェーン店に行こうとしました(この記事を読んでる方の中に新宿のキャッチの方がいたら、すみません)。そしたら、そこに向かうエレベーターの前で、キャッチ風の男の人に止められました。どうやら、その某焼き鳥チェーン店は満席とのこと。わざわざ、電話で確認するふりまでしていました(まあテクニックといえば、テクニックですが、、、)。そして、別の焼き鳥居酒屋があり、1,500円で飲み放題にするとのこと。

まあ騙されたと思っていくことにしました。結果騙されました、、、(笑)。飲み放題は飲み放題ですが、頼んでも一向に飲み物は来ない,お通しが1人1,000円かかる,料理の値段が高いetc….。本当に最悪でした。最悪の週末になりました。

 

そのキャッチと、その居酒屋がどういう運命を辿るかは、容易に想像できると思います。まず、私のような人がSNSで悪い情報を拡散します。今の時代は簡単に情報が広まります。そうすると上に書いたような悪循環に陥ります。あえて店名は出していませんが、そのお店とキャッチの人は、廃れていくことを切に祈っています。まあキャッチの私が、キャッチに騙されたら元も子もないですが(笑)。

しかし、これが価格も安く、優良なサービスであればどうだったでしょうか?逆に、好循環が起きていたと思いませんか?

 

私の実例からも分かるように、良いお店でキャッチをやりましょう。悪いお店だと思った時点で、そこを辞めることをお勧めします。あなたのためになりません。良いお店と悪いお店の違いや、良いお店を作っていくために重要なことについては、1つの記事が書けそうな内容になるので、この記事が好評であれば、書いてみようと思います。

 

 

次に、精神的な面での効果についてです。

本当に良い物を売っている、つまり良い店のキャッチをすると高い値段にしても罪悪感が生まれないです(メンタルがやられないです)。また、強気に交渉に出ることができます。「うちは、そんなに安い店じゃない」という強いメンタルで交渉に臨むことができます。結果として高単価での交渉が成立しやすくなります。意外と騙そうとしていることを、お客様は見破ることができるということですね。

最後は、心や熱意といった理論以外の部分が重要になってくるということです。

 

 

~まとめ~

いかがでしたか?

今回は、「値段が高くても、交渉成立? 高単価でも入店させる方法 ~キャッチの上級編~」というテーマを、ファンを作る,本当に良い物を売るという2つのキーワードから解説していきました。以下、本日の記事のまとめです。

 

<まとめ>

「初見のお客様を大切し、常連客を大切にすることでファンを作る」

「常連客には少し高い交渉価格でも成立する」

「良いサービスを提供して、高単価入店の好循環を生み出す」

「良いお店のキャッチをしていると、メンタルを強く持つことができる」

 

少しレベルの高い話をしましたが、実践し、経験し、試行錯誤してみてください。

皆様のキャッチとしての成長を期待しています。

 

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-心理学, 自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

社会で必要とされる人材になるための、たった1つの方法

こんにちは、transです。 今回は、「社会で必要とされる人材になるための、たった1つの方法」というテーマで、お話ししていきます。すごく当たり前のことを書くと思いますが、これを読んで1人でも多くの人が …

物事を客観的に見る3つの方法

こんにちは、transです。 今回は、物事を客観的に見る3つの方法について紹介します。 物事を客観的に見ることができれば、冷静な判断や豊かな想像をする事ができます。もちろん、仕事の質も上がります。です …

実験者の画像

エントロピーの増大

こんにちは、transです。 今回はエントロピーの増大というテーマで、お話をしていこうと思います。 化学的な知識もそうですが、雑学として知っておくと面白いので、ぜひ、最後まで読んでみてください。 それ …

仕事ができる人と、できない人の違い

人に伝える力 ~論理的思考法と実践方法~

こんにちは、transです。 今回は、人に伝える力で重要な論理的思考の方法と実践方法について紹介していきます。 人に伝える力が重要なのは当然、分かりますよね? 会社のプレゼンや営業など多くの場面で必要 …

野球の画像

価値観が変わる野球マンガ3選

こんにちは、transです。 今回は、価値観が変わる野球マンガを3つ紹介しようと思います。 筆者は、小学1年生から野球をやっていましたが、これらのマンガに出会ったことで野球に関する価値観が大きく変わり …

プロフィール

研究者で、思想家で、ゴルフ愛好家の三刀流社会人です。高校時代に野球でイップスになり絶望しましたが、ゴルフに出会いました。今は、研究の合間に、ブログとゴルフをやっています。効率の良い豊かな人生を目指しています。化学・自己啓発・ゴルフについて呟きます。

Twitterはこちらから